アットベリー色素沈着に効果ある?

原因別色素沈着とアットベリーの効果

①慢性的な摩擦による色素沈着

1番多いタイプの色素沈着です。
肌のバリア機能が毎日の摩擦により知らない間に破壊され
肌が防御反応としてメラニン色素を放出します。
・脇、デリケートゾーンなどのカミソリによるこすれによる黒ずみ
・ブラジャーライン、パンティーライン、乳首、デリケートゾーンの下着のこすれによる黒ずみ

アットベリーは、このタイプの色素沈着の為に設計されていると言っても良いでしょう。
入浴後にしっかり塗り込んで乾かすことによって、皮膚のコーティング、保湿が同時に出来てしまいます。

②レーザー脱毛の刺激による色素沈着

レーザー脱毛は脱毛サロン以外にも最近は自宅で出来るレーザー脱毛器を使う人も増えてきました。
最近多いのが脱毛後の脇やデリケートゾーンの黒ずみに悩んでいる人です。
レーザー脱毛の原理は、毛根細胞に熱を加えダメージを与えることによって毛が生えてこないようにします。
つまり、細胞が死んでしまうぐらいの刺激が加わっているわけです。
レーザー脱毛時には、毛にばかり関心が向かいがちですが、レーザー脱毛後には、照射部付近の細胞の炎症、乾燥が起こります。
傷んでしまった皮膚の再生と保湿を同時に行わないと、脱毛後に色素沈着が起きてしまう可能性が高いです。
脱毛と同時に肌のケアにも気を配りましょう。
アットベリーは、肌のダメージによる炎症を抑えるのと同時に、皮膚の再生能力を高め保湿をすることが出来ます。

ホルモンバランスの乱れによる色素沈着

妊娠中または更年期の女性に起きやすい
・乳首・デリケートゾーン・脇の黒ずみ
また、顔にもシミや肝斑などができることもあります。

更年期の場合の色素沈着は、ホルモンバランスを整えた方が良いのでエクオール
がおすすめです。肝斑、シミなどにはトラネキサム酸配合の飲み薬が有効です。

妊娠中の場合の色素沈着は、胎児に良くないのでエクオールは使えません。
トラネキサム酸は、人工アミノ酸で一応妊婦の方にも安全とは言われていますが、
赤ちゃんへの影響を考えると使用しない方が良いでしょう。
一時的な黒ずみの可能性が高いので余り心配する必要は無いと言えますが、
黒ずみが長引く可能性が心配な方は、安全なプラセンタを使ったアットベリーがおすすめです。

加齢や紫外線による色素沈着

加齢や紫外線による色素沈着は、皮膚のセラミド構造が壊れて肌のバリア機能が衰えることにより
皮膚が乾燥し再生機能が下がってしまうことにより起こります。
セラミドを外から補うことが色素沈着の改善には有効です。

アットベリーには、もちろんセラミドが含まれています。
加齢や紫外線による色素沈着にも、セラミドを補うだけでなく皮膚再生能力を引き上げ、美白効果が期待できるプラセンタを配合したアットベリーがおすすめです。セラミドは元々肌でつくることが出来ますが、加齢の場合にはセラミド生成能力が落ちてきてしまっていることが多いです。短期的な改善目的にはもちろんセラミドが良いのですが、長期的にはセラミド生成能力を回復させるライスパワーNO11もおすすめです。

 

コメントは受け付けていません。