薬用アットベリージェルは背中にも使える?

結婚式やパーティー、また水着を着たりする季節になると気になるのが背中。
背中が汚いとどうしても気が重くなってしまいます。
でも背中のケアって気になってからだと間に合わないんですよね。
シーズンより早め早めにケアしていくことが大事です!!

背中が気になるパターンは主に2パターンです。

①脂漏性皮膚炎
②毛孔性苔癬(毛穴に角栓が詰まること)

①の湿疹系の肌の荒れは、皮膚の常在菌であるマラセチア菌(カビの一種)がホルモンバランスの乱れや肌に合わない石鹸などにより増殖してしまい起きます。この場合にはアットベリージェルだけで綺麗な肌にするのは難しいです。
一時的にステロイド剤をして肌質を改善し、抗真菌石鹸を使用するのが良いでしょう。
ステロイド剤は短期的に使用し、肌質が改善してきたら刺激の弱いクリームに切り替えましょう。
もちろん薬用アットベリーがいいですね。

②の毛孔性苔癬という言葉はあまり聞き慣れないかもしれませんが、良く起きる症状で二の腕やお尻、背中などにできるぽつぽつです。
肌の乾燥が原因で毛穴に角栓が詰まってしまい、痒みや痛みなどはありませんが見た目が気になります。
この場合に、無理に中の角栓を爪で押し出そうとしたり、ピーリングをしてしまうと色素沈着や黒ずみの原因となってしまうので厳禁です!!焦らずに薬用アットベリーしっかり保湿しましょう。アットベリーの有効成分プラセンタエキスが肌の新陳代謝を促し綺麗な背中に導いてくれます。

 

コメントは受け付けていません。