妊娠中の黒ずみに薬用アットベリージェルは効果ある?

妊娠中に急に気になりだす黒ずみ(特に妊娠20週目以降)として、

・脇の黒ずみ
・乳首や乳輪の黒ずみ
・外陰部の黒ずみ
・シミ・ソバカス(肝斑)
が挙げられます。

この妊娠中の黒ずみは、通常時の原因として多い摩擦による黒ずみとは原因が異なります。女性の体は、妊娠を維持する為にエストロゲン、プロゲステロンという2種類の女性ホルモンの分泌を増やします。
この2つのホルモンは色素の細胞に刺激を与えることが分かっており、妊娠中における体の様々な部分の黒ずみを引き起こします。

妊娠中の黒ずみは心配する必要はない?

妊娠中の黒ずみは、女性ホルモンが増え続けるので薄くなることはあまり期待できません。
しかし、出産後は分泌される女性ホルモンが元の量に落ち着いて来るので、自然と気になっていた部分の黒ずみが薄くなっていくことが多くあまり心配する必要はないといえます。黒ずみが自然と薄くなる時期の目安は、授乳期が終わる頃です!!

ただし、一部の方には出産後も黒ずみが薄くならず悩んでいる方もいます。
これは、出産による疲労、ストレス等による皮膚代謝機能の低下が原因と考えられます。
産後の黒ずみが心配な方には、薬用アットベリーがおすすめ出来ます!!

妊娠中の黒ずみに薬用アットベリージェルを使っても大丈夫?

薬用アットベーリーは、急激な効果が無い代わりに副作用もなく安全に全身に使えるという特徴のある美白クリームです。
これは、脱色素効果を狙った商品ではなく、保湿による皮膚再生機能の改善効果を狙った商品だからだと言うことが出来ます。
ただし、いくら安全だとは言え、出産後には直接赤ちゃんが口にする乳首や乳輪への使用は念のため控えましょう!!

 安全美白【薬用アットベリー】最安値はこちら!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA