Vラインの黒ずみに薬用アットベリージェルは効く?

1%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89

Vラインの黒ずみの原因と、Vラインにできた黒ずみに薬用アットベリーが効くのかということについてまとめました。

Vラインの黒ずみの大きな原因は主に2つです!

①ムダ毛処理
②摩擦や圧力

Vラインの黒ずみ原因①ムダ毛処理

夏が来ると、どうしても気になるムダ毛の処理!女性なら誰しも憂鬱になる季節ですよね。

特に、露出の多い水着や夏の洋服によってはVラインを処理しておかないとダメな時がありますよね。

でも、Vラインって処理をしてしまうと、どうしても敏感な部分だけに、肌が黒ずんだりしませんか?

その状態でいくらムダ毛が処理されていても何だか余計に目立ってしまって、可愛い水着も台無しになったりしてしまいます。

Vラインは、脇や肘・膝よりも肌が薄くて敏感!

そのうえ、カミソリや毛抜きなどで処理してしまうと、直ぐに肌がボロボロになり硬直してしまいます。

そのため、必ず処理後はケアしておかないと黒ずみやぶつぶつの原因になってしまうんです。

Vラインの黒ずみ原因②摩擦・圧力

1%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89

脱毛処理以外にもVラインの黒ずみの原因として考えられているのは、摩擦と圧力です。

Vラインは丁度ショーツの際が当たるので、摩擦が発生し黒ずみが発生してしまいます。

ショーツをボクサータイプに変えてみるのもVラインの黒ずみの解消方法の一つです。

また、座る時に足を組む癖の有る方も、Vラインの黒ずみに繋がります。

足を組むことにより、ショーツ、ズボンとVラインの間に摩擦、圧力が発生し黒ずんでしまいます。
普段のちょっとした癖を治すことでも、Vラインの黒ずみは改善します。

②つの原因のVラインの黒ずみに薬用アットベリージェルは効く?

1%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89
1%ef%bc%88%ef%bc%91%ef%bc%89

 

①ムダ毛処理後のVラインの黒ずみケアに薬用アットベリーは効く?

ムダ毛処理後のケアには、刺激のない美白成分・抗炎症成分が有効です!

ムダ毛処理後のケアには、ただの保湿クリームでは不十分です。

ムダ毛処理後のケアには、薬用アットベーリーに配合されている

  • 刺激のない美白成分水溶性プラセンタ
  • 抗炎症成分グリチルリチン酸2K
  • が有効です!

    ①摩擦・圧力によるVラインの黒ずみケアに薬用アットベリーは効く?

    摩擦や圧力による黒ずみの悪化防止には、皮膚表面のコーティング成分が有効です。

    薬用アットベリーには、浸透型の保湿成分以外にもあえて肌表面をコーティングする浸透性の低い

  • コラーゲン
  • ヒアルロン酸
  • セラミド
  • も配合しているので、黒ずみ防止効果も期待できます!

    更に、薬用アットベリージェルには、美白成分5種類と保湿成分6種類などの美容成分が全体の97.8%とたっぷり詰まっています。

    美白成分としてアットベリージェルに含まれているメインの成分は、プラセンタとグリチルリチン酸2Kです。

    これらの美白成分よりももっと強い美白成分はあるんですが、⇒バストトップのページ
    効果の強いだけ肌に対する刺激も強くなってしまいます。

    そうすると、美白するつもりだったのに、もっと黒ずみがヒドくなったなんてことも!

    薬用アットベリージェルは、敏感肌やアトピー性皮膚炎の方のVラインにおすすめできる美白クリームです。

     

     薬用アットベリージェル

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA