薬用アットベリー デリケートゾーン、陰部、iラインの黒ずみに効果ある?

DSC_0550

デリケートゾーン、陰部、iラインの黒ずみの原因は?

デリケートゾーンの黒ずみは、主にメラニン色素によるもので肌の防衛機能として刺激が肌の奥へと伝わらないようにする働きをしています。
特にデリケートゾーンは、体の部分でも大事な部分なのでメラニン色素が発生しやすいと言われています。

デリケートソーンに黒ずみが出来てしまう原因として多いものが、

①生理用ナプキンとの摩擦

生理用ナプキンのほとんどが化学繊維で出来ているのをご存知ですか?
化学繊維の性器への接触は摩擦が高いだけでなく、一部で経皮毒の危険性も指摘されています。

コットン100%ナプキンに替えただけで、生理時のかぶれや蒸れやニオイ、腹痛などが軽減したという方もいます。
デリケートゾーンの黒ずみ解消という点からも試してみる価値大です!!

②下着による摩擦

デリケートゾーンの黒ずみを解消したいならば出来れば下着もシルクやコットンなどの天然素材を選ぶようにしましょう!

③ムダ毛処理による刺激

ムダ毛処理には、以下の場合の方法が考えられます。

・カミソリの使用
・毛抜きの使用
・エステや家庭での脱毛器の使用

いずれのムダ毛処理の場合にも大事なのは、事後処理です!!
ムダ毛処理の後の皮膚は、少なからずダメージを受けて皮膚表面組織が乱れ乾燥しやすくなっています。
このタイミングで、しっかり保湿や美白成分を使っていかないと皮膚の再生サイクルが乱れてしまい、色素沈着が起こりやすくなると言えます!

薬用アットベリーはデリケートゾーンに効果ある?

薬用アットベリーには、刺激となる物質(パラベン、アルコールなど)を一切使っていないので、肌に優しいです。公式ホームページでも、デリケートゾーンに使っても大丈夫と保証しています。

ただ、安全なことは大事ですが、黒ずみへの効果がどうなのかが1番重要ですよね。
詳しく見ていきたいと思います。

薬用アットベリージェルは、ただ塗っただけではデリケートゾーンの黒ずみに効果ない?
デリケートゾーンは洗い過ぎると黒くなる!!

ので、薬用アットベリーの使用以外にも入浴は重要です。


デリケートゾーン、特に膣内膣内は自浄作用があり、PH4程度の弱酸性に保たれているので指などを入れて洗ってはいけません!石鹸はアルカリ性なので膣内まで洗ってしまうと1番良い状態の弱酸性で無くなってしまいます。そうすると、皮膚が荒れてしまい乾燥、悪玉菌の繁殖で痒みなどが出て、こすったり掻いてしまうことになり黒ずみ・においの原因となってしまいます。性器周辺は、指の腹を使って汚れだけを落とすつもりで優しく洗いましょう!

においが気になる方はジャムウソープなどを使ってみるのも美白にも良いので一つの手かもしれません。


アットベリーのデリケートゾーンの黒ずみへの効果まとめ

大事なことは、洗浄と洗浄後の保湿のセットです。

適切な洗浄後に薬用アットベリージェルを使って保湿をすることにより、皮膚の新陳代謝(ターンオーバー)能力は向上します。

薬用アットベリーは、保湿力、美白効果も高いので、2ヶ月目辺りから効果が出てきました。
デリケートゾーンの黒ずみは、比較的皮膚の表面なので、適切な洗浄、保湿によって効果は出てきます。

・ナプキン・下着を天然素材へ変える
・正しい入浴方法
・ムダ毛処理後または入浴後のアットベリーを使っての美白ケア

以上のことに気をつかってデリケートゾーンのケアをしていけば、あなたもきっとデリケートゾーンの黒ずみが解消出来るはずです!!

 アットベリーのお得な購入はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA